読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gog活動日記

東京経済大学のサークル「gog」のブログです

ブログはじめました~3/22のまとめ

ごあいさつ

このブログを見に来てくれた皆さん、お疲れ様です
…というより、はじめまして!
東京経済大学の女子限定サークル「gog」
Web担当のぼってぃー(@botty_k2)というものです。

今回が初投稿なので、まずは大学と私たちについて
簡単にお話ししたいと思います。

創設のきっかけ

東京経済大学は、東京都国分寺市にある
社会科学系の4年制私立大学です。
経済、経営、コミュニケーション(コミュ)、
現代法学(現法)の4学部があり、
大学全体で6,611人の学生がいます。

しかし、その中で女子の人数は1,602人*1
4分の1にも満たないのです。
学部によっては7分の1のところもあり…
少人数の必修の講義で女子1人だけ、
という心細い事態も起こっています。

そんな環境の中、1人の女子学生がこう言いました。
「女子がたくさんいるサークルないかなぁ……ない*2よね……」
その一言に対して、こう返事した学生がいました。
「だったら、作っちゃおうか?」

gogは、そんな切実な「願い」と
なんでもやってみる「勢い」が出会って生まれたサークルです。

現在の概要

gogは、「girls only gathering*3
文字通り「女子だけの集まり」の略です。
今までにもよく聞かれたのですが
「じーおーじー」とアルファベットで読んでいます。

現在のメンバーは、創設者の2人も含め
全員が15年度入学の1年です。4月から2年。
経済2名、経営2名、
コミュ3名、現法1名
計8人、ノリがよく気配りもできる暖かいメンバーたちです。
各メンバーの紹介は今後やりたいと思っています( ´∀`)

活動内容は
「自分の作りたいものを作る」
ということにしていますが
「作る」と言っても

・写真をまとめたアルバム
・動画
・イラスト
・小説や詩などの文章
・楽曲(歌ってみた、演奏してみたなども○)
・手芸や工作
・Webページ
・ゲームやプログラム
・科学実験などの報告書
・料理やお菓子のレシピ

などなど、何かの形にさえなっていれば
本当になんでもアリです。
自分の作ったものを誰かに見てもらいたい
…でもなかなか機会がない
そう感じている人にもぴったりだと思います。

4月からは、週に1回程度大学内で集まって
ミーティングを行う予定です。
制作はそれぞれが空いている時間に自由にできればと思っています。
個人でやるのも、誰かと組んでやるのも自由です。
秋に行われる大学祭「葵祭」で、展示発表をするのが目標です。

というわけで

だいぶ前置きが長くなりましたが、今日…もう昨日になってますね(;´Д`)
3月22日の活動をまとめたいと思います。

今回は11時に大学の図書館にあるリフレッシュスペースで集まって、
新歓期間に向けての確認などをする予定でした。

…しかし、電車の遅延や寝坊諸事情により、
今日出席する7人のうち、時間通りに来たのが1人だけ…
という、とても心配な状況になりました。
あと2週間くらいで講義始まるけど…みんな大丈夫か…

そして…これは幹部というか私の力不足なんですが
みんなに確認取ろう、と思ってたことより雑談に花が咲いてしまい
いろんなことをすっかり忘れたままお開きにしてしまいました。
ほんとすいません…あとでLINEします…orz

f:id:gogtku:20160323035645j:plain:w400

ブログ用に写真撮ろうと思ってたことすら忘れて、
何人かが席を外してから慌てて撮ったお菓子たち。
慌てすぎて何が何やら…

こんな感じで

今回はやや長めでしたが、これからミーティングやイベントの後に
こつこつ更新していきたいと思っています。
今のところ書き手は私(ぼってぃー)だけですが、
もしかしたら他のメンバーに手伝ってもらうこともあるかも?

思いつきで始めたのでどうなるかわかりませんが…
メンバーには「こんなこともあったね」
興味を持ってくれた人には「こんなことしてるのか」
そして初めて知った人には「こんなサークルもあるのか」
と思ってもらえるように、わかりやすく・楽しく書きたいと思います(●´ω`●)


今回はこのあたりでお暇します。
お付き合いくださりありがとうございました!
では、またの機会に( ´∀`)ノシ

*1:参照→http://www.tku.ac.jp/department/tku-data.html#kyoin004 学生総数、女性数ともに数字は2015年度のもの

*2:この話をしていた時、女性の人数が比較的多いサークルには「人数制限」がかかっていました…

*3:参考→女子会の英語・英訳 - 英和辞典・和英辞典 Weblio辞書